絵付け基本

絵付けによく使うお道具類とあると【便利なグッズ】

更新日:

ポーセリンペインティング、白磁器上絵付けにおいて、必要不可欠なお道具については他の記事にて紹介しましたが、まだまだ絵付けにはあると便利なグッズがたくさんあるのでご紹介します。

あったら便利グッズ

アルコール

アルコールは絵付けの最中によく使う、なくてはならないものです。当教室では常に置いているのでお生徒様にも自由に使っていただいています。

ポーセラーツの先生方は【キルンアートクリーナー】を使っていらっしゃる方も多いかもしれませんが用途は同じ。値段と容量を比べたらだんとつで【燃料用アルコール】でOKです。

  • 絵の具をのせる前や後のパレットをきれいにする
  • 絵付け前の新しい白磁を拭く(新品の白磁でも結構ほこりがたまってたり付いていたりします)
  • 描きなおしのための修正に綿棒の先に付けて拭き取りに
  • メディウムや金液で手や白磁が汚れたときの拭き取りに
  • すっきり取れにくい筆についた金液落としに

アクアマジック

油絵具除去剤。筆に付いた絵の具は筆洗いとして、常【無臭クリーナー】でふり洗いするのですが、洗っているつもりが完璧には洗えておらず、積もり積もって筆の毛束の奥底に絵の具が溜まり、それが筆を使っていない間に乾燥したりで、気づいたときには筆の奥に洗いきれていなかった絵の具の汚れが溜まってしまい扱いづらい筆になってしまったりします。そんな奥の汚れを洗い流したい時に使う筆の洗剤のようなものです。

曲線定規

中央グリーンのもの。白磁はカップやポットや花瓶など丸みを帯びた形のものをよく使います。規則正しく色付けをする場合などに曲がる定規があると便利です。普通のメジャーよりもある程度の硬さがあるので、計って印を打ちたいときに良く使います。

ディバイダ―シート

右下の黒シートのもは、お皿類などプレートを等分割したいときに便利なもの。リムに色付けして窓を作りたい時など、簡単に6分割や8分割など、3~12分割まで出来るもの。

エッジラインスケール

小さな穴がいくつもあいた小さな便利グッズは、プレートの縁に引っ掛けて、ラインを引いたりするときに使います。プレートの縁から一定の間隔をあけてライン上に絵付けしたいときなどに優れたグッズ。

スポンジ

ピンクの丸型カルロススポンジは、とてもきめが細かくパディングで色付けしたいときや、程よくぼかしを入れたい時などにたたいて使います。

三角スポンジは、化粧用のもので狭い範囲などを色付けしたいときに、長方形になった底辺に絵の具を付けてたたいて色をつけます。

 

筆入れに入っている必需品

筆類と同様に筆立てに常に入っているよく使う道具たち

① ゴムピック 硬さがあり細く色を抜くことができる。花のシベ部分を抜いたり、猫のヒゲ部分を抜いたりなどなど。

② シリコンピック 柔らかいしなりの効くピックは盛りを作りたい時に私は使っています。切れの面が付いた反対側のピックは失敗した盛りを拭うのにも使える。

③ スタビロ鉛筆 薄書きの磁器用鉛筆。白磁にそのまま下絵を描いたり、あたりをつけたりするときに使います。

④ スタイラス カーボンで下絵を描くときや、絵の具や金液でドット柄をつけたいときに。

⑤ 極細スタイラス 先の細かい鉄筆。複雑な絵やポートレートなどの下絵を写すときに。

⑥ ファインポイントペン 油性の極細マジック。白磁にあたりをとったり、下絵を点描したりするときに。

 

カーボンも用途によって使い分け

写したい下絵が描かれたトレーシングペーパーの下に入れ込み、スタイラス(鉄筆)で線画を白磁に写しとります。

裏表が必ずあるので、間違えないように注意して使います。

① ブルーカーボン(セルフコピー紙)

一番よく使う白い用紙のカーボンは、白磁にブルーの線画で描けます。淡いブルーの下絵は絵付けの邪魔にならず使い勝手が良いです。

デメリット・・淡い色なので視力の弱い方には見えづらい。

ポイント・・・線画を描いてすぐ絵付けに入ると線画が消えやすい。線画を描いて1日おいてから描くと消えづらい。ヨーロピアン系の花類やブーケ全般に。

② 黒カーボン(非油性カーボン)

油性メディウムを使った絵の具で描いても黒の線画はしっかりめに残っているので、絵の具をたっぷり乗せて、抜いて描くアメリカンの絵付け手法の時などに使い勝手が良いです。

デメリット・・しっかり付く黒い線画は見えやすいが、時にこの黒のラインが絵付けの邪魔になることもある。

ポイント・・・ざっくりしたアウトラインに。例えば果物や動物の毛並みの線画描きに。

③ 赤カーボン(非油性カーボン)

黒カーボンと同じく非油性のカーボンなので、油性メディウムを使った絵付けの下絵描きに。どのようなタイプの絵付けの下絵として万能だと思います。

ポーセリンペインティング上絵付けに必要な【基本のツール】 道具材料たち

上絵付けに必要な道具たち ポーセリンペインティング、チャイナペインティングなどと呼ばれるいわゆる【絵付け】と言います。白磁に描く【上絵付け】に必要な必須道具たちの紹介です。 上絵の具 筆 パレット・パ ...

続きを見る

あると便利は小道具たちの購入先は、陶画舎

-絵付け基本

Copyright© Porcelain Painting Salon O-dish , 2022 All Rights Reserved.