絵付け基本

ポーセリンペインティング上絵付けに必要な【基本のツール】 道具材料たち

更新日:

上絵付けに必要な道具たち

ポーセリンペインティング、チャイナペインティングなどと呼ばれるいわゆる【絵付け】と言います。白磁に描く【上絵付け】に必要な必須道具たちの紹介です。

  • 上絵の具
  • パレット・パレットナイフ
  • メディウム
  • 筆洗い
  • 白磁
  • 焼成窯

上絵の具

私たちポーセリンペインターが使う絵の具は【上絵の具】と言います。【下絵の具】というものもありますが、詳しい下絵の具の説明をここでは割愛します。どちらも鉱物から成る粉末状のです。

絵付けで使う【上絵の具】は主に「顔料」と呼ばれる鉱物(金属)系の個体粉末と、定着や光沢のために必要なガラス成分が含まれています。

鉱物からできている上絵の具の色味は、その原材料である鉱物種によるものなので、同じグラム数でも色により値段にかなり差があります。

一般的にレモンイエロー系は安価で、マロン系(濃いマゼンタ色)は高価な上絵の具として知られています。マロンは含金絵の具なので、レモンイエロー系と比べると、メーカーにもよりますが10倍ほど価格に差がでます。

注意ポイント

粉末状の上絵の具は、メディウムで練って使うものです

【上絵の具】についての基本と種類 避けたい色とは!?

上絵の具とは ポーセリンペインターにとって欠かせないもののいちばん大事なひとつである上絵の具。鉱物からできている粉末状のもので色数もたくさんあります。 この色別になるのが各種類の金属酸化物などを調合し ...

続きを見る

絵筆

筆は大きく分けて、平筆と丸筆。サイズや筆の毛の種類など、ペインターにより、またはどのようなタイプの絵を描くかによってさまざまですが、ここでは私が常時使っている筆をご紹介します。

 

①特上製花刷毛 1.5分

②特上製花刷毛 2.0分

③丸筆羽管ドイツ製 2号

私がヘビーローテーションで使っているサイズの筆です。ほとんどの絵はこの3本で描けます。色により筆を変えたりするので、同じサイズを数本づつ持っています。1本だと色を変えるたびに筆を洗わなくてはならないので、同じサイズでも数本あると便利です。

当絵付け教室でも最初にお生徒様にご用意する筆です。

上絵付けポーセリンペインティング・チャイナペインティングで使う【筆】

ペインターや講師の方により、扱う筆の種類も千差万別かと思います。習っている方は先生が使われている筆をもちろん使ってください。他に何か良い筆がないかなと筆ジプシーされている方、再確認したい方に私が使って ...

続きを見る

パレット・パレットナイフ

絵の具を練ったり、置いたりするためのパレットと呼ぶものは、正方形の白いタイルのことです。

ガラス製のパレットもあり、粉末状の絵の具を良く練りつぶすにはガラスの方が良いですが、通常は色もよく見分けやすい白いタイルで十分かと思います。

注意ポイント

絵の具の練り具合は、歯磨き粉の硬さくらいがちょうど良い。パレットにおいたとき、流れない山のかたちで残る程度に。

メディウム・筆洗い

 

メディウムの類もペインターによりさまざまかと思いますが、メディウムにも水溶性、油性とあり、水溶性のものは、水で希釈や筆を洗うことができますが、私の場合は油性タイプを使っています。

絵の具を練り置きすることができる【溶き油】で練った絵の具を、【調合油】を使って絵を描きます。

【無臭クリーナー】という筆洗いで、筆に付いた絵の具を洗います。年季が入っていて汚い容器で恐縮ですが、写真の通りクリーナーの液体は矢印⇦がついたあたりまで、液体を減らして使います。容器の下方にある波型のところに筆先が当たるように筆を振って絵の具を落とします。

注意ポイント

無臭クリーナーの液体が、あまりたくさん入っていると筆を持つ部分までが液体に浸ってしまうため、新品の時は別容器に半分ほど減らしてから使い始めましょう。

ポイント

不乾性の【溶き油】で歯磨き粉くらいの硬さに練って保存容器に入れて置き、いつでも使いたい色が取り出せるようにしておくと便利です。

絵付けによく使うお道具類とあると【便利なグッズ】

ポーセリンペインティング、白磁器上絵付けにおいて、必要不可欠なお道具については他の記事にて紹介しましたが、まだまだ絵付けにはあると便利なグッズがたくさんあるのでご紹介します。 あったら便利グッズ アル ...

続きを見る

白磁

一般に【白磁】と呼ぶ、白い磁器製のポーセリンが私たちポーセリンペインターにとってのキャンバスとなります。

白磁は食器だけでなく種類も花器やインテリア小物、平たい陶板など多岐にわたります。

白磁に似たもので陶器やコレールは絵付けの素材として適しません。

  • ✖ 陶器・・・磁器とは土の素材が異なり、透光性がなく吸水性があるもの
  • ✖ コレール・・薄く割れにくいヤ〇ザキの景品でもおなじみのコレール食器は三層ガラス製なので焼成には非対応
上絵付けやポーセラーツで使う【電気炉】について①

焼成しないと仕上がらない絵付けやポーセラーツにおいて、必要不可欠な高価なお道具が【電気炉】です。現在はいろいろなメーカーから多種の電気炉が販売されているので、使用法や使い心地は一概には言えませんが、私 ...

続きを見る

電気炉

ポーセリンペインティングは焼成を重ねて作品を作るものなので、電気炉なしではできません。

3本組の支柱を立て上に棚板を乗せて、その上に作品を置いて焼成します。

焼成窯やキルン、セラミックオーブンと呼ばれる電化製品になります。一般家庭の電源から手軽に使えるものから、据え置きに工事のいるものもあります。

三つまたコンセントタイプ、単相200Vや20アンペア以上のものは多少の電気工事が必要になります。

通常の上絵付けやデキャール(転写紙)を使った作品は、最高温度900℃までのもので十分です。

イングレースやポタリーペイント、レースドールでも将来使いたい方は最高温度が1300℃まで出るものが必要です。

焼成窯は高価な買い物になるので、ご自信の用途に合ったものを選んでみてください。

上絵付けやポーセラーツで使う【電気炉】について①

焼成しないと仕上がらない絵付けやポーセラーツにおいて、必要不可欠な高価なお道具が【電気炉】です。現在はいろいろなメーカーから多種の電気炉が販売されているので、使用法や使い心地は一概には言えませんが、私 ...

続きを見る

【電気炉】を使う前の準備と焼成の失敗や注意点について②

初焼成前の準備 無事に電気炉の設置を終えたら、初焼成前の準備をします。付属の説明書にも記載されていることですが、棚板(作品をのせる板)にアルミナ粉を水である程度溶いて、刷毛で添付し、十分に天日干しをし ...

続きを見る

保存版【電気炉】での焼成手順や各素材別焼成温度について③

【電気炉】について続けて3記事目になります。今回は、ポーセリンペインティング上絵付けや転写紙を使った作品を焼く場合の焼成過程や温度について。 電気炉の種類も多様化し、使える設定などの違いがあるかもしれ ...

続きを見る

-絵付け基本

Copyright© Porcelain Painting Salon O-dish , 2022 All Rights Reserved.